読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武身愛好会(COJ)

Twitterで書ききれないことを書きます

徹底攻略!今日から使えるザコ竜デッキ!(加筆あり!)

どうも、やむです。

まずは謝罪。アンケートはまた別の機会に紹介します。申し訳ないです。

ザコ竜こと、ティアマトのデッキは今が熱く、今機会を逃すと一生書けないような気がしたので早めに記事にしておきたかったのです。

 

また、

と、ティアマト四天王たるアワッホスさんのパクり記事になる前に書き上げる必要がありました。

ついでに俺が先にティアマトについて書いたんだぜ!って心の中でドヤれます。まあ僕は温厚な性格なので口にはだしませんけどね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、要は「自分が完成度低い記事書くから四天王の皆さん後はよろしく!」ってことです。

 

 ・ティアマトギャンブラーってどんなデッキ?

 

 

前回の記事の繰り返しになりますがティアマトのことを知りたければ『けさん』さんをフォローするのが間違いないです。

デッキレシピもたびたび紹介されていますし、その解説もしています。僕と同じくらい温厚な方なので質問には大概答えてくれます。弱点や対処法まで教えてくれたりします。この人は聖人か?

と、ここまで旧知の仲かのように『けさん』さんについて解説してきましたが、面識がないどころか絡みもほぼありません。なので「実際絡みに行ったらヤ〇ザだった!」というような事があっても責任はとれませんので自己責任で。

 

~~~

【追記】

 

 

3rd seasonに突入しました。

こちらはティアマト四天王、「アワッホス」さんのtweetです。

このデッキでもほぼ動きは変わらないと思います。ゴルクラが1枚なので大切に使うのが重要なのではないでしょうか。自分はフルメンコヤケクソバースト2詰みを検討しています。オーワーサイクロン、信用無い…。

 

~~~

 

 

どんなデッキか。に対しての答えは相手の自由を奪ってワンショするデッキ。といったところでしょうか。

 

デッキの解説に入ります。

 

・マリガン基準

先攻・後攻共→グレイスウルフィン+先攻なら竜サーチかケルベロス、後攻ならケルベロスか加護軍団辺りを持っておくと2T目以降が楽です。

後攻の場合は特に、ウルフィンは重ねない方がいい場合が多いです。

 

~~~

【追記】

手札にケルベロス、ギャンブラーどちらかしかない場合、重ねて足りない方を引きに行く方がいい場合もあります。相手にもよりますが、重ねる場面の方が多くなってきました。

 ~~~

 

書いてる最中に注目のtweetが。

 

 

 

だそうです。先攻ミョルニルたまにやってましたが、確かに除去されにくかったです。レーヴァとか出てきたらそもそも勝てないマッチな場合が多いのでサレですかね。笑い。

 

・デッキの理想的なムーブ

 

「5T目に3CP+ディバシで殺す事」です。

 

~先攻の場合~

 

1>何もしないor竜サーチかフォックスバンデッド

2>ウルフィンorカーバンくん

3>ケルベロス(ギャンブラー伏せ)

4>軽減ティアマト(軽減トリメで回収などでギャンブラー2枚伏せ)

5>レイアディバシ

 

が究極の理想ですがまず無理です。

ですが、これを知っていないとこの選択肢からの派生形のムーブができなくなります。

具体的にはティアマトのターンを遅らせる代わりにレイアゴルクラ両方準備するなどです。

 

1>何もしないor竜サーチかフォックスバンデッド

2>ウルフィンかカーバンくん

3>ケルベロス(ギャンブラー伏せ)

4>ミョルニル、トリメ(ギャンブラー伏せ)

5>紅蓮ティアマト(ギャンブラー伏せ)

6>レイアゴルクラ鉱脈ディバシ

 

などです。

この際注意しなければならないのは(ケルベロスから殴るのは前提として)ケルベロスアタックの際に鉱脈を刺さないことです。

ケルベロスの自壊効果により鉱脈の破壊時効果が先に使用されてしまいます。

1CPは命より重い。常識ですね|:3ミ

 

また、相手のライフが7か6かでは天と地の差があります。6と5の差も大きいです。ディバシの関係上7点と8点取るのは変わらないのですが、6点でよければ必要なユニットが1体減ります。

では6と5も同じじゃないか?と思われるかもしれないですが、ケルベロスの自壊の性質上ケルベロス込みの3体でもトドメをさせます。これは正解かどうかははっきりとは言えませんが、経験上この差を感じることが多かったです。代償などで2点減っているとかなり楽に戦えているので。

逆に、あまりにも削りすぎると相手の大ジョーカー、特にマッシブサージやサイレンスビロウなどがたまってしまうと厳しくなる場合もあります。一部例外を除き、削っても5点残しくらいにしましょう。

 

他にも勝ち筋はかなり多く存在します。

 

1>竜サーチかフォックスバンデッド

2>ウルフィンかカーバンくん

3>ケルベロス(ギャンブラー伏せ)

4>ミョルニル+適当なユニット(ギャンブラー伏せ)

5>(ゴルクラ)イグニッションディバシ

 

や、

 

1>何もしないor竜サーチかフォックスバンデッド

2>ウルフィンかカーバンくん

3>ケルベロス(ギャンブラー伏せ)

4>ミョルニル、バンデッド(ギャンブラー伏せ)

5>軽減ゴルクラか軽減レイア(と、バンデッドで防御可能ユニット0に)+紅蓮(ディバシため)→ディバシ

 

などでしょうか。これはあくまで一例であり、勝ち筋の多くは未だ研究中となっています。とりあえずは赤字の勝ち方を意識し、それ以外の黒字の部分や書ききれていない部分は試合の中で自分の手で見つけましょう。試合の中で成長する知育デッキ、それがティアマトギャンブラーです。

 

なお、ターンエンドが遅いとディバシたまらないので早めのターンエンドを心がけましょう。30秒以降のエンドが1回あるとたまらない印象です。遅くとも45秒を基準でエンドするといいと思います。

また、黄単や青単相手の場合、早めのターンエンドでサリエルやイザナギ着地後にスターライトギャンブラーで対処→6ターン目ライフ2でディバシが使えるそうです。この時の時間の基準は55~50秒ほど。

 

 

~後攻の場合~

 

1>ウルフィンかカーバン

2>ウルフィンかカーバンかミョルニル(できたらミョルニル

3>ケルベロス(ギャンブラー伏せ)

4>軽減ティアマト(軽減トリメで回収などでギャンブラー2枚伏せ)

5>レイアディバシ

 

ほぼ変わらないですね。

先攻のときも同じですが、レイアと記載されているところはアサルトガールでもほぼ変わりません。強いて言うならアサルトガールだと殴る必要があるのでケルベロスが自身が殴る前に自壊することくらいでしょうか。地味に困るので、できたらレイアの方がいいです。アサルトでも殺しきれる場面の方が多いですがね。

 

ちなみに、ほかのパターンも先攻のときとほぼ変わりませんので省略。1と2で同じようなムーブするだけです。

後攻だと相手よりもCPが少ない(減らさないといけないCPが先攻時より気持ち増える)のでロックかけにくい印象です。ミラーも先攻有利(だと思う)。

 

 

・ちょっとした注意点

 

・鉱脈はマネゲではない。

トリガーゾーンに刺したら最後、そのターンに使うことを強いられます。ブラフにも使えませんし、勿論トリガーゾーンに逃がすこともできません。また、鉱脈を刺す際はケルベロスの存在に気を付けましょう。自壊の際の破壊時効果が優先されてしまいます。

 

・ハメだけを意識しすぎると勝ち確を見逃す。

ギャンブラーやティアマトを魔法石で切ってレイアやらゴルクラやらイグニッションを持ってきたら勝ちじゃん?ってことも。ほぼワンショデッキなのでしっかり勝ちを取らないと普通に巻き返されます。デッキパワーはそこまで高くないので、ハメたからと言って油断してはいけません。捲られます。

 

・レイアよりアサルトガールを。アサルトガールよりレイアを。

緑、紫相手は勝ちきれるならレイアよりアサルトです。行動権回復するインセプがあるので。そうでなければ軽減要因が手札に比較的多いレイアでしょうか。ケルベロスの打点が必要ならレイア一択ですが。

 

・創成ケアは必須。

最後の1点をカーバンでとるなり紅蓮打つなりのケアはしましょう。ワンショ入った後に返されると絶望的です。相手のCPが0なら忘却はないので手札にスピム温存でもOKです。杞憂に終わることが多いですが、ケアはして損はありません。

 

~~

【追記】

 

gunslingeruta.hatenablog.com

 

こちらのウタさんのブログに大事なことがかなり書かれています。また、画像付きの解説のためわかりやすいです。

特に、「受けていいのは4点まで」というのはかなり重要なので確認する価値は必ずあります。必見です。

 

〜〜〜

 

・マッチアップ

 

・緑単

アグロでなければ割と有利。伏犠にしか狂戦士付けられなかったりするとオワ。あとパンドラも地味にきつい。ブリジズはそこまで脅威ではないです。カーバン殺すのはNG。ハメてれば普通に勝てる。速度で負けるときつい。マリガンが決め手。

ちなみにアグロは不利。後攻1T目にLv2ランスロットしてくるやつらには勝てない。セルフ明天してるせいでティアマト火力でない。死。

 

・青単

有利。サリエル前にギャンブラーハメられれば勝ち確みたいなもん。アムネシアはNG。サリエルに間に合わないと死にます。即ターンエンドしてスターライトで叩き返せば巻き返せます。55秒、遅くても50秒です。

マリガンが決め手。

 

・ブリハン

五分くらいかな。ハンデスが突き刺さると負け。ハンデスされる前にハメよう。マリガンが決め手。

ちなみにがっつりハンデスはきつい場合が多い。全国ではあまり見ないけど、イベで勝てたことない。(イベ自体ほぼやってない)

 

・黄単

有利。ハメれば勝てる。イザナギ芸人される前にハメよう。イザナギ芸人されても、即ターンエンドしてスターライトで叩き返せば巻き返せます。55秒、遅くても50秒です。

マリガンが決め手。

 

・赤単

不利。ベルゼ、ガイア、アレス、マーヤ。きつい。ハメるしかない。

マリガンが決め手。

 

・紫単

有利。紫伏せの安心感。代償にも有利。1,2T目にキルされなきゃ大丈夫。キルするのが代償だけど。加護置くからトクリがなければ延命可能。トクリされたら見てるしかない。

 

・トリロス

不利。ギャンブラー割らないでお願いしまs…。(死)

 

・猿珍系

五分だとは思うが、自分はかなり苦手。マーヤ、アレス、ガイア、ジョカ。死。さっさとハメるしかない。序盤にスピム軍団で3,4点取り、撤退ケアされたらスピムディバインでトドメ。

マリガンが決め手。

 

・OC珍

五分だと思うが、こちらも苦手。両成敗、相手のターンに打てるの強すぎません??こちらもさっさとハメれば勝てる。イグニッションが刺さる。マリガンが決め手。

 

・武身

右下Wタップ案件。超スーパーワンダフル不利。勝ち筋isほぼない。イグニッションで1回更地にするか並べてアディオス。まあほぼ無理です。

今武身見れるギャンブラー作成中。Aだけど。

 

・ミラー

勿論五分ですが自分は比較的得意。お互いのやりたいことははっきりわかるのでお互いに慎重に動きますが、自分はミラーのときだけ引きがキモくなる魔法をかけられているので引きの差で勝てることが多いです。

試合の展開は遅いので、ティアマト、紅蓮、ギャンブラー2を集めれば勝てます。相手のギャンブラーを防ぐため、黄泉国を刺しておくといいです。また、無駄なアタックは厳禁で、ゆっくり慎重に試合を進めましょう。相手のティアマトが着地してしまった場合、イグニッションで手札を全捨てするのも手です。

 

 

 

とりあえず思いつくのはこのくらいです。またなんかあったら加筆するか次の記事にて。 

 

ではまた。

 

 

 

と、最後に宣伝

 

 

一生募集中なのでぜひぜひ!

 

 

【20160912加筆修正】

【20161006 3rd season、マリガン、注意点に加筆】